コレステロールを下げる油は?卵は実はコレステロールと関係ない!?

                         057984

油によってはコレステロールを
上げたり、下げたりするものがありますが、
どの様な油を選んだらよいのでしょうか?

また、使い方を間違えると
本来よい油なのに逆効果を生んでしまう!

・・・ということも!?

油とコレステロールの関係!

どういった油がよいのか?とか、
使い方についてご紹介したいと思います。

Sponsored Links



コレステロールを下げる油はどんなものがあるの?

油っこいものや油が使われている料理は

コレステロールを上げて太ったり、
生活習慣病になるというイメージが強いですね?

油を「脂質」といいますが、三大栄養素の1つで
私たちの活動エネルギーの源と成る大切な栄養素です

 

油には、コレステロールを上げるものと
下げるものとがあります。

また、コレステロールには「悪玉」と「善玉」があり、
これらはどちらも必要なものです。

コレステロールを下げるというのは
「悪玉」であり「オメガ3オレイン酸」が作用します。

オメガ3を含む油とは
亜麻仁油やえごま油、しそ油などといった油です。

 

青魚にも含まれている「EPA」や「DHA」であり、

悪玉コレステロールの低下や、
血流改善、生活予防に効果があります。

ちなみにオメガ3のオイルはとても酸化しやすく、
さらに遮光瓶に入ったコールドプレス製法で搾取したもの、

加熱調理はしないことでよい働きをします

 

コレステロール0(ゼロ)の油がある!?

食用油に今では「コレステロール0(ゼロ)」と
うたっているものがありますよね。

実は食用油は全てコレステロール「ゼロ」です

 

コレステロールを含んでいるものは動物性油脂で、

牛脂やラードは100g中100mg、
バターは210mgを含んでいます。

これらの動物性脂質は飽和脂肪酸といい、
体に取り込まれるとコレステロールに変わりやすいです

 

植物性脂質
本来コレステロールに変わる・・・といった性質はなく、

体の中の悪玉コレステロールと善玉コレステロールを
増やすか?下げるか?・・・といった違いがあります。

Sponsored Links



コレステロールを上げそうな卵油が意外とスゴイ!

「卵油」というものをご存知でしょうか?

古くより健康によいとされてきた
卵の黄身から取れる油(ビタミンEなど)をいい、

これがコレステロールを下げる働きをもっています

 

卵といえばコレステロールが高い・・・とか、
コレステロールを上げるなどと言われていますが

実際にはそれほどコレステロールを含んでおらず
卵油でいえば1gにわずか25mg

それ以上に食事から摂取している
コレステロールが300~500mgとされているので
卵油で大騒ぎしている場合ではありません。

 

むしろ卵の黄身に含まれるレシチンなどで
コレステロールを下げる!

つまりは善玉コレステロールを増やし、
悪玉コレステロールを減らすので気にする量ではありません。

 

Sponsored Links