ピーマンの栄養と効果!種やわたの方が実は栄養豊富!?

                         c57234371c80edbc5251013dc893cfbe_s

「ピーマンは身体にいいんだから食べなさい!」

・・・と子供の頃に残して
親に叱られたなんて事はありませんか?

ピーマンは緑黄色野菜の1つなので、
確かに身体に良さそうな気がします。

しかし、どんな栄養があって、
どんな効果があるのかってあまり知らないですよね。

そこで、今回はピーマンの栄養から
効果などについてご紹介したいと思います。

Sponsored Links



ピーマンの栄養とその効果とは?

ピーマンにはレモンの2倍とされているビタミンCを始め、

緑黄色野菜の特徴であるベータカロテンや、
ビタミンB1、B2、E、D、Pといった豊かなビタミン類を含み、

鉄、カルシウムといったミネラルも含んでいます。

その為、疲労回復や美肌の効果、
風邪予防などに効果的であるといいます

 

また、ピーマンの香り成分「ピラジン」には、

血液をサラサラにする働きや血小板が凝縮することを抑え、
血栓予防や血液凝固を防ぐ働きがあり、

脳梗塞や心筋梗塞予防に注目されています

血液の流れがよくなる事で
血行促進にもよく冷え性予防にも役立ちます。

さらには体内の熱生産量を向上させるので、
ダイエットの効果も上がると言います。

Sponsored Links



ピーマンに似てるししとうやパプリカとも含まれてる栄養は違うの?

ピーマンは唐辛子の仲間で、
辛みのない「甘唐辛子」という部類に含まれます。

パプリカなども同じです。

ししとうは時折辛みを持つものもありますが、
こうした唐辛子の辛み成分といえば「カプサイシン」

よくダイエットサプリなどでも見かけますが、
脂肪燃焼効果があると言われています

 

では、ピーマンやパプリカにはそうした成分はないのか?
・・・と言えばそうではなく、

カプサイシンが変化したもので「カプシエイト」という
成分によりカプサイシン同様の作用を持っています。

体温を上げることで体内の脂肪を燃焼させて
エネルギーに変えていきます。

エネルギー消費に繋げる働きがあるので
辛いのが苦手な方ならピーマンがおすすめです。

 

また、カプサイシンよりも
血圧の変動などに影響を及ぼすことがありません

最近では安全性の高い成分として
多く燃焼系健康食品に使われている事が多いです。

実はピーマンの種やわたにも栄養が含まれている!?

ピーマンを料理する際に、
ほとんどの方が捨ててしまう種やわた

私自身も捨ててしまってましたが、
この部分は栄養の宝庫だといいます。

種やわた部分は食べるには何も問題はありませんが、
苦味が実よりも強めです。

 

本来持つピーマンの栄養分が
実よりも種やわた部分には多いので、

先ほどのダイエット効果の高いカプシエイトも
より多く含んでいるので捨てるのはもったいないですね。

食べ方としてはヘタの部分だけ取り外して
通常通り炒め物にしたりするだけ

ししとう焼きの様に丸ごと焼いて
しょうゆを少し垂らして食べたり、
ポン酢をかけていただくのも美味しいと思います。

 

Sponsored Links