日傘の効果!紫外線や照り返しに強い色は?効果期間は何年?

                         日傘の画像

日傘は色や種類により効果が多少違います。

季節が温かくなり日差しが日々に強くなってくると
紫外線による肌へのダメージが特に気になります。

日焼け止めのローションだけでなく、
日傘の選び方・効果を学んで

外出時には積極的に使用していきましょう。

今回は日傘の効果についてお伝えします。

Sponsored Links



日傘の色や種類で効果が違う!?何年くらいの期間、効果があるの?

一昔前の日傘を思い浮かべると
白色でレース状の見かけのみで

涼しく感じられるものが多かったようですが、

シミや皮膚ガンなどの予防のために
紫外線を効果的に遮断するのであれば、

一昔前の日傘には
機能的な効果はあまり期待できません。

 

それではどの様な日傘を選べば
良いのかを検討してみましょう。

紫外線よるシミなどの肌への悪影響を
防ぐために日傘を効果的に使用するならば、

色は白色よりできる限り濃い色の日傘を選びましょう

 

白色の場合、紫外線は白色のものに
反射し、直接浴びるのを防いでいますが

100%の紫外線カットを期待することはできません

逆に黒色の日傘の場合は黒色が紫外線を
吸収してしまうことで紫外線カットをするので、

白色よりは効果的に遮断することができます

の種類でのみ考慮すると
白色より濃い色の黒色をお勧めします

 

近年では紫外線カット加工を取り入れられた
日傘が通常になっておりますので

遮光率(通常の日差しを遮断する率)の高いものの他に
UVカット率(紫外線を遮断する率)の高い

日傘を選んでいただければ、
色の種類は好みのものを選ぶことができます。

また、紫外線カット加工された日傘は
一般的に効果が期待できる期間があり、

2~3年と言われておりますので、
その都度買い換える必要があります。

 

ちなみに黒色など濃い色の日傘は
紫外線カットには最適ですが、

赤外線により熱を吸収するために暑くなるのと、
見た目にも暑苦しく感じられるマイナス面もあります

紫外線防止のためではなく、

単に直射日光からの熱を防ぐための日傘であれば
白色やレース状など涼しさを求めた日傘で良いでしょう。

紫外線カットは上手くできませんので、肌への
ダメージ予防にはならないことを頭にしておきましょう。

Sponsored Links



日差しの照り返しに効果のある日傘の色は?

外出時に日傘があるから大丈夫!

と言いたいですが、日傘は上半身のみしか
カバーすることができませんので

下半身の肌を守るには
長めのパンツやスカートにするか、

日焼け止めのUVカット率の高い
ローションを使用することが必要でしょう。

日焼けによる肌荒れのお手入れやケアは?

 

また日傘は直射光を防ぐことはできますが、

周囲の物質に反射した(照り返し)
反射光(紫外線も含めて)予防することができません。

一つに日傘を使用していても
日焼け止めのローションは共に使用することと、

地面や建物より反射した反射光が日傘の内側で反射して
思いもしなかった紫外線よりのダメージを予防するために

日傘の内側が濃い色のものを選ぶと
よりその予防が効果的になります。

 

お勧め一番の日傘は紫外線カット加工されたもので

UVカット率の高い、出来れば内側の色が
黒色など濃い色の反射光を防止できる、

また外側の色があまり暑苦しくないもので、
2~3年を目安に買い換えることとなりますでしょうか。

 

生き生きとした肌を保つためにも
日傘の購入は上手にしましょう!

 

Sponsored Links