日焼けによる肌荒れのお手入れやケア!ぶつぶつ、かゆみの原因は?

                         005645

年々強くなっている日差しですが

露出が多くなりがちな夏は
日焼け対策を完璧にしておきたいですよね。

日に焼けすぎると肌にはとても悪い!

・・・ということは皆さんご存知だと思います。

今回は日焼けにより起こる
肌荒れについてみていきましょう。

Sponsored Links



日焼けによる肌荒れ!ぶつぶつやかゆみの原因は?

日焼けによりぶつぶつ
できやすい体質の人がいますが、

色白で日焼けをしても
黒くならない人に多くみられるそうです。

原因は日焼けをしたことで作られるはずの
メラニン色素が作られず、

アレルギー反応のように現れるからだそうです。

数日したらそのぶつぶつも収まりますが、
ぶつぶつが酷くなったり

かゆみが気になるようでしたら
皮膚科に受診をしてください。

 

なかには日焼け止めを塗っているのに
ぶつぶつがでるという方もいるようですが、

そのような場合は使用している
日焼け止めの変更をお勧めします

「紫外線散乱剤」という成分が
入っている日焼け止めがありますが、

こちらは名前の通り紫外線を
散乱し肌を守ってくれるものです。

 

反対に「紫外線吸収剤」という成分が
入っている日焼け止めは、

紫外線を熱エネルギーに変えてしまい

それが肌に負担をかけ
ぶつぶつが増える原因となっています。

 

かゆみの原因は、ヒスタミンによる

弱い刺激がかゆみに繋がっていることと
日光湿疹と呼ばれるものにあるそうです。

日光湿疹は紫外線への過敏症によるもので
日焼けした部分にぶつぶつができるものです。

 

子供の日焼けによる肌荒れケア方法や薬は?

子供も日焼け予防をすることはとても重要ですが、
大人のように露出を控えるということは難しいですよね。

子供のケア方法としては、まず袋に氷を入れ
タオルで包んだもので冷やしたり水をあてることです

肌は乾燥していますし敏感になっているので
最初はクールダウンさせることが一番でしょう。

先に水をしばらくあてておいてから
氷や保冷剤で冷やすとより良いそうです

 

入浴も体を強くこすらず優しく洗い
無理に皮膚をむかないよう注意が必要です。

また低刺激で保湿力のある
クリーム化粧水を塗ってあげましょう。

皮膚がはがれたり発熱したりする!

など症状が酷いときは、
医療機関に受診をしてください。

軽いやけどの状態ですので

炎症止めの薬やローション、
ステロイド軟こうを処方してくれるそうです。

Sponsored Links



顔やおでこの日焼けによる肌荒れのお手入れ方法は?

日焼けでのケアを怠ったり間違ったケアをすると

シワシミなどが後々影響してくるそうなので、
正しいケアを心がけたいところです。

まだ赤みがある場合は化粧水がしみますので
その場合は真っ先に冷やしてください

 

顔を濡れタオルや保冷剤などで冷やしたり、

日焼けした時に摂取したら良いと言われる
ビタミンC・ビタミンEを含むものを食べて

内側からもケアをしましょう。

 

また、冷蔵庫で冷やしておいたパックも
効果がありますので試してみてください

子供に対する処置と同様に

保湿力のある化粧水やクリームを使用して
乾燥している肌に潤いを与えることも大事です。

 

Sponsored Links