冷奴のカロリー!使うたれやごま油でも違ってくる!?薬味は?

                         a0002_011549

ひんやりした食感などで
夏場の食卓や食欲が無い時
また、お酒の肴としてあがる「冷奴」

シンプルに食べたり今ではアレンジも多く、

かけて食べるのもお醤油に限らず
色々なもので美味しく食べている方も多いです。

 

お豆腐だからヘルシー!

では、冷奴のカロリーについてご紹介します!

Sponsored Links



冷奴のカロリーは?かけるタレやごま油などで変わる!?

「冷奴」いわゆるシンプルな
お豆腐の料理の1つですが、

まずは土台になる『豆腐』に注目しましょう。

 

主に冷奴にする豆腐は皆さんご存知の通り

・木綿 (100g=59kcal
・絹ごし(100g=56kcal

カロリーの差はそれほどなく、
含まれる栄養分なども、

製造工程の違いにタレより
”木綿豆腐”の方がほんの少し上回る程度です

 

とてもヘルシーですが、食べる時の「たれ」などで
カロリーがアップするので要注意です!

・ごま油を含む植物油脂類大さじ1=111kcal
・ラー油…110kcal
・和風ドレッシング…14kcal
・フレンチドレッシング…61kcal
・サウザンアイランド…62kcal
・マヨネーズ…84kcal

Sponsored Links



冷奴はダイエットにも効果的でおすすめ!

カロリー調整などに、とてもすぐれた食材といえます。

ダイエット中に必要な良質たんぱく質が取れ、
低GI食材としてもおすすめです。

ただ、こればかりで過ごす事はNG!

いくら体に良いもの・カロリーが低いとしても
ある程度必要な炭水化物脂質も摂りましょう。

 

効果的な使い方としては、

食事前に豆腐100gをお醤油などで
シンプルに食べてドカ食いを防ぐなどです。

夜の食事に炭水化物と置き換えにするなら、

豆腐だけではたんぱく質は不足するので、
具沢山のサラダ仕立てにするとよいでしょう。

鶏のササミやゆで卵、
チーズなども少量であればおすすめです。

 

私もダイエットに豆腐を使いますが、

ドレッシング変わりに
お勧めしたいのが「ひきわり納豆」

大豆製品には「大豆サポニン」という

コレステロールや中性脂肪を
低下させる働きがあります。

中でも納豆が摂取しやすくさらに
大豆サポニンは水・油と相性がよいので、
少量のごま油やオリーブオイルを入れて作ります。

 

味が足りない!と思った場合には

液体だしを入れて調整したり、
梅干しを刻んだ物をいれたりします。

パックに入ったもずく酢もおすすめですよ!

 

冷奴の薬味アレンジにおすすめの食材は?

一般的にはネギやみょうが、しょうがや大葉
といった香りの高い薬味を想像しますよね。

これらも美味しい薬味だと思います!

 

他には人気の高いキムチや辛くないラー油など。

ツルツルとした食感を楽しむ場合に、
オクラであったりモロヘイヤなど。

挽肉を焼肉のタレで炒めたものと
薬味を合わせても美味しいですよ!

オクラの栄養や効能は美容効果も!?

 

Sponsored Links