カラー後に色落ちする原因!色落ちを防ぐコツやおすすめのシャンプーは?

                         0fa147dd17a92eb7d38560b62505bd7f_s

髪を染めた後の色落ちを抑えるシャンプー。

なかなかうまく使いこなせずに
すぐにカラーリングが落ちてしまう・・・
なんてことはありませんか?

色をなるべくキープしたい!
白髪染めなど髪を染めるシーンは色々・・・

今回は色落ちしにくいシャンプーについてリサーチしました。

Sponsored Links



カラーリング後のシャンプーはあける時間も大事!?

そもそもヘアカラーをした後は

キューティクルが開いた状態で、
そのままで髪を洗えば色が流れて行きます

色落ちを抑えるには髪が酸性か?アルカリ性か?
という部分がポイントになる様です。

しかし見た目にはどちらかなんてわかりませんよね。

 

一般的に健康な髪は弱酸性で安定しており
カラーリングをした直後はアルカリ性に向いています。

カラーリング剤によってキューティクルを開き
そこへ染料を埋め込む感じで染めています。

髪を弱酸性へと中和させる方法を取るのに
クエン酸が効果的です

お家にありそうなので言えばポッカレモンなど。

あまり濃度が強過ぎるときしむので
ポッカレモンなら30倍に薄めてリンスとして使います

 

また、カラーリングを行って色が落ち着くまでに
24時間はかかると言います。

染めた後は1日頭は洗わない方がよいでしょう。

さらに頭を洗う際の
お湯が熱過ぎると色が抜けやすくなります。

Sponsored Links



黒染めや白髪染めなど色落ちを防ぐコツは?

一時的に髪を明るくしていて黒く染めた場合や、
白髪染めなどもカラーリングと同様で、
色落ちしてまた染めるとなれば髪も痛むしお金もかかります。

黒く染めた後しばらくはタオルや枕カバーに
色がうつるのは致し方ありませんが、
出来るだけ色を長く保つコツとは?

 

これはカラーリングでも同じですが、

洗浄力がソフトな弱酸性シャンプーを使用し、
洗う時間も手短にすること!

髪を洗うというよりも
頭皮を洗ったら流す程度で充分です。

髪を洗った後のリンスはキューティクルを整えるには
効果が薄いのでトリートメントを行いましょう。

 

これによりキューティクルが開いていたのを
落ち着かせ、染料の流出を防ぐ事が出来ます。

髪を乾かす時にも注意!

タオルで擦る様にすると痛む他に色が落ちやすくなるので、
髪を抑える様にして水気を取る様にしましょう。

おすすめの色落ちしないシャンプーは?

色落ちを出来るだけ抑えて長持ちするというシャンプーは、
たいていカラーリング専用として展開しています。

髪の質や痛み具合にもよるので
どれがおすすめと強くは押せませんが、

今使っている一般的なシャンプーよりは
色落ち専用という点では効果があがると思います。

 

口コミで評価がよいのは
ヘアカラーメーカーであるhoyu(ホーユー)の
「プロマスターカラーケアLXシャンプー」

サロン品質のプロフェッショナルブランドであり、
美容師さんも勧めているという声があがっています。

 

Sponsored Links