色移りした洗濯物漂白は重曹やキッチンハイターがいい?柄物は?

                         085754

色移りしてしまった場合の漂白ですが、

やみくもに行うと
衣類を痛めてしまう事があります。

しかし、本来真っ白だったものを
キレイに色移りを落とすには

漂白で色を落とせる事があります。

では、色移りを漂白で落とす方法!
ご紹介したいと思います。

Sponsored Links



色移りした洗濯物を漂白で落とす方法!柄物の場合は?

色移ししてしまった洗濯物
白であればまだ割と多くの対処法がありますが、

色・柄物そのものを守る必要もあるので
慎重にしたいところでもあります。

色移りしてしまった部分を落としやすくするために、
まずは酸素系漂白剤を使って浸け置きします。

40~50度程度のぬるま湯に
適量の酸素系漂白剤を溶かしてしばらく浸け込みます。

 

すすぎは洗濯機で行い、

水を溜め込んだ中に衣類を入れて、しばらく回して
色が落ちた様であれば今一度水を替え、

柔軟剤で仕上げて脱水してから干してください。

それでも落ちない場合には、

クリーニング店で色移りがある旨を伝えて
対処してもらう方がよいでしょう。

Sponsored Links



ワイシャツに色移りしたときはキッチンハイターが効果的!?

白い衣類や白いワイシャツにうっかり色移り・・・

枚数があればそれほど気にしませんが、
まだ買ったばかりであったり枚数がない場合には困ります。

 

真っ白で綿やポリエステル生地であった場合ならば、

・塩素系漂白剤キッチンハイター
・還元漂白剤ハイドロハイター

どちらでも使う事ができます。

 

ハイドロハイターについては

白ものであれば素材は選ばず
手洗い可のものであれば使う事ができます。

タライやバケツに40~50度のお湯を入れて、
そこに漂白剤を入れて約30分ほど浸け込み、

色移りが落ちたらよく水ですすいで完了。

その後、柔軟剤や洗濯のりを使う場合には、
水を替えてから投入し、すすぎ→脱水で完了させます。

 

温度を上げれば上げる程落ちやすくなりますが、

その変わり衣類がダメージを受けるので、
これくらいの温度が程よいと思います。

また、ハイドロハイターはワイシャツの
黄ばみなどもキレイになるのであると便利です。

色移りしためのは重曹でも漂白できる!?落とし方は?

色移りした衣類の落とし方には、
重曹を使った落とし方があります。

重曹単体では弱いので酸素系漂白剤の力と、
重曹のアルカリを使った方法です。

よりアルカリの力が強いのはセスキ炭酸ソーダです

 

色移りしてしまった部分にふりかけて、
酸素系漂白剤を直接かけるという方法!

広範囲であった場合には、お湯に混ぜ込んで
30分ほど浸け置きする方法をお試し下さい。

規模がそれほど広くない場合には直接のせ、
プラスしてさらにドライヤーで温めてみましょう。

色移りしたシミであればこれで大分薄くなると思います。

 

重曹・セスキ炭酸ソーダと漂白剤を使った場合ですが、

すすぎ水で中和させなければならないので、
すすぎの水にクエン酸か酢を少々入れてすすぎ洗いします

臭いなどが気になる場合は再び水を替えてすすぎ、
柔軟剤などで仕上げて脱水しましょう。

 

Sponsored Links