かぼちゃの栄養効果には美容やダイエットにもおすすめ!その効能は?

                         ee44a7190f0527b0bacbdd6ca5c4f8c0_s

緑黄色野菜の代表野菜のかぼちゃ

栄養がたっぷりあるのは知っていますが、
その効果をご存知ですか?

煮物にしたりサラダにしたり、
揚げても焼いても美味しい

かぼちゃの効果についてまとめました!

Sponsored Links



かぼちゃの栄養成分に含まれる効果やカロリーは?

かぼちゃの効果は”免疫力のアップ”

風邪・高血圧・動脈硬化・がん・老化などの予防や
冷え性・貧血の改善といった効果を持ちます。

 

かぼちゃはビタミンが豊富な野菜で、
主にβ-カロチン(ビタミンA)、ビタミンCビタミンEを多く含み

β-カロチンには粘膜を強化し免疫力を高める働きがあり!
かぼちゃの主な効果はこの成分の働きによるものです。

 

β-カロチン・ビタミンE
油に溶けるビタミンなので、

油との相性がよく一緒に摂取すると
より効果的に栄養を摂る事ができます。

他に鉄分カルシウム・ビタミンCにより、
貧血の改善を促します。

 

かぼちゃの主な栄養成分 ※100g

カロリー ・・・26.1kcal
β-カロチン・・・4000μg
ビタミンC・・・43mg
ビタミンA・・・5.1mg
葉酸   ・・・42μg

Sponsored Links



かぼちゃの皮や種にはダイエットや美容効果もある!?

かぼちゃの効果を得るならば、皮や種にふくまれる
ワタの部分を捨てるのはもったいない!

かぼちゃの栄養素は
実よりも皮やワタ部分に多く含み、

ダイエットや美容の為、もちろん健康の為には
余す事無く食べることをおすすめします。

 

かぼちゃは糖質が高い食べ物だから太る!
と思われがちですが、かぼちゃだけでは太る事は無く、

むしろ食物繊維も豊富で腹持ちの良さと
便秘解消にも有効で、さらには体を温める働きもあるので、
ダイエットや美容にもよいとされています。

 

どんなものでも極端にそれだけを食べ続ける!などといった
間違えたダイエットや美容法をされる方がいらっしゃいますが、

ダイエットは体が冷えていると脂肪を燃やす
基礎代謝が落ちるためバランスのよい食事を
摂るためにはとっても適した食材です。

腸を整える事もダイエットやお肌には大切です!

かぼちゃの種類別の名前と特徴!

 

また、おつまみなどでかぼちゃの種がありますが、
「パンプキンシード」などといって売られています。

かぼちゃの種に含まれる「リグナン」という
ポリフェノールの一種による抗酸化作用と

コレステロールを下げるリノール酸
含まれているのでダイエット中のおやつに◎

少量をよく噛んで食べる事で満腹中枢が刺激され、
おやつのドカ食いや誘惑を防ぐ事が出来ます。

かぼちゃの効果的な食べ方は煮物がいい?

大人になると意識的に摂らないと
食べなくなる「かぼちゃの煮物」

自炊をしない方の場合は
特に食べる機会も少なくなると思います。

かぼちゃの煮物は栄養やおいしさを楽しめる料理の1つ!

 

ただ、栄養素を外に逃がしてしまうので
栄養を損なわない方法として
「油通し」をしてから煮る方法がおすすめ。

中華料理などでも行われる調理工程ですが、

油に1度通してから砂糖やみりん、醤油で
煮た方が鮮やかで味の染込みもよく

栄養を損なわず甘みを引き出すことができます

 

カロリーが気になる様であれば
砂糖をダイエット甘味料にするだけ!

揚げ油はベジオイルなどで揚げればよいでしょう。

 

Sponsored Links