傘は手荷物として飛行機に持ち込み可能?国内線と国際線でも違う?

                         193273

旅行や出張などで飛行機を利用する際、
を持って行く事がありますね。

これって機内持込みができるのか?
それとも預けるものか?

条件によっては持込みができる様ですが、
知っておかないとその場で諦めて
置いて行かなければならないなんて事があります。

今回は、飛行機における傘は手荷物として
持込みに可能なのか?調べてみました!

Sponsored Links



傘を手荷物として飛行機の機内に持込みはできるの?

旅先や出張先でいざとなれば
ビニール傘や折り畳みを買ってもいいか・・・

なんて考えますがビニール傘だと
最終的に飛行機に持ち込めるのかどうか?

処分するにも困る!・・・なんて事もあって
結局行きに持って行けるものなら持って行けば
帰りも同じだからスムーズだよねと思う事もあります。

 

傘は基本的には預けたり、可能であれば
スーツケースの中や機内への持ち込みも可能です。

しかし、傘は「凶器」にも繋がるものなので
先端が鋭利であるものはNGです

先が丸い物であれば1本までは可能!

 

また折りたたみ傘も持ち込み可能ですが、
航空会社により機内持ち込みができる重量が異なります

万が一、重量を超えた場合には
荷物として預ける必要が出て来ます。

Sponsored Links



国内線のANAやスカイマークなどで傘を手荷物の持ち込み条件が違う!?

国内線も多くの航空会社があり、
その会社によって若干の違いはあります

例えばANA(全日空)の様な
フルサービスキャリアの航空会社と

スカイマークの様なミドルコストキャリアでは
どの様な違いがあるでしょうか?

 

ANAの場合に機内に持ち込める
手荷物の総量は10kg以内

傘は身の回り品ということで持ち込めますが、

それ以外の荷物がある場合は総重量の他サイズもあり、
これは飛行機の座席数によっても異なります。

100席以上の飛行機であれば3辺の合計が115cm以内、
それ以下の飛行機では100cm以内という規定があります。

傘は別扱いなので長傘でも50~60cmなので問題はなく、
スカイマークも現在では同様の条件の様です。

 

ちなみに格安航空会社(LCL)ジェットスターなどの場合は
傘は身の回り品としての扱いは同じですが、

座席のクラスによって違いがあり、

エコノミーの場合には総重量が7kg以内
ビジネスで14kgまでとなっています。

 

国際線の飛行機でも傘の手荷物条件は違う!?

海外旅行の旅先でステキな傘を買っちゃった!
この傘は手荷物として持ち込みはできるか?

さすがにスーツケースには長傘は入らず
傘1本だけで国際宅配便利用は勿体ないですよね。

預けるのはちょっと心配・・・

これは乗り込む航空会社により大きく違いが出る様です

 

昨今、あいつぐテロ事件などで先が丸かろうが
なんだろうが叩けば武器に繋がる

持ち込みを許す許さないは会社別になるので
あらかじめ航空会社に確認を要します。

折りたたみ程度であればカバンの中に
入れて持ち歩く程度は許される場合もありますが、

できるとは言いきれません。

 

Sponsored Links