菊の種類と花言葉!スプレー菊や丸いもの、春に咲く品種は?

                         b916f986ca64169c9be8c0a8265d17db_s

菊は古くより日本で育てられている花で、
今ではいろんな菊が出回っています。

仏様に手向ける様な菊から、
結婚式に使われている様な菊まで様々。

今回は菊の種類について
ご紹介したいと思います。

Sponsored Links



菊の種類と品種の名前!花言葉は?

菊は、イエギクというキク属の総称で、
品格の象徴であり日本では皇室の紋にもなってます。

原産は中国で歴史も古く、約2,000年以上も前から
食用や薬用といった目的で栽培されてきました

日本では平安時代以降に観賞用で育てられていて、
本来、上流階級の方々の間で楽しまれているものでした。

江戸時代は品種改良も盛んになり、
古典菊や大きさによって違いのある

・大菊
・中菊
・小菊

と別けられます。

 

古典菊の品種には

・江戸菊
・嵯峨菊
・美濃菊
・肥後菊

など地域で作られたものがあります。

その花の型は異なり、それぞれ美しく
鑑賞にとてもよいものが揃います。

 

なお、菊の花言葉
高貴・高潔・高尚

色によっても違いがあり、

赤・・・あなたを愛しています
白・・・真実
黄・・・破れた恋

といった花言葉を持っています。

Sponsored Links



丸いものやスプレー菊の種類は?春に咲く菊もある!?

ポピュラーな花となったスプレー菊

3~6センチ程の菊ですがスプレーマム
草丈が短めのクッションマムなどがあります。

菊には和菊と洋菊とあり、スプレー菊は洋菊です

丸い型が可愛く近年では結婚式に使われている
ピンポンマムもスプレー菊の仲間です。

 

菊は基本的にに咲く花で、
主に夏~秋が多く出回ります。

では、に咲く菊はないのか?
・・・と言えばそうでもなく、
野草で見られたり、料理に出る品種もあります。

代表的なものには春菊

鍋物に入れて食べるとおいしい春菊は、
その名の通り春に花を咲かせます。

春菊の栄養やカロリー!その効能は?

 

他に道や公園に咲いていたりするエリゲロン

ハーブとして利用されているカモミール
同様に菊の花の種類です。

菊の育て方!水やりの頻度はどのくらい?

菊の育て方は、その種類によっても若干異なります。

一般的な育て方として、

菊は日光の当る場所で育てる事がポイントで、
1日9~15時間、日の当たるところで育てます。

苗を購入し地植えや鉢植えにすることが出来、
6月~7月中旬に水はけのよい環境で植え付けます

 

水やりは土の表面が完全に乾いた状態で与え、
あげすぎると根が腐ってしまいます

冬場などは週に1度程度、
乾燥していない限り地植えは水やりの必要がありません。

 

Sponsored Links