芽キャベツの旬な時期はいつ?おいしい食べ方や下ごしらえは?

                         b131944d1514675d0f16c215e2918e42_s

芽キャベツとは
キャベツの栽培変種のことです。

普通のキャベツから出来ているのではなく、

茎に一口サイズぐらいの大きさのキャベツが
何十個もついています。

別名、子持ちカンラン等と呼ばれています。

スーパーで見かけても
あまり購入意欲が湧かない方結構多いんですよね。

 

その原因として考えられるのが、
可愛らしい見た目とは裏腹に苦味があったり、
調理方法で悩んだりすることだと思います。

ですがこの芽キャベツ
一工夫加えるだけでとっても美味しい
食材に早変わりする優れものなのです!

 

さらに驚きなのは、小さい実なのに
キャベツ以上の栄養を持つということ!!

そんな魅力たっぷりの芽キャベツの食べ方
栄養や効能など詳しくご紹介します♪

Sponsored Links



芽キャベツの旬な時期はいつ?栄養や効能は?

高温や湿気に弱いため、
特に夏は栽培に向いていません。

旬な時期としては
11月中頃~3月に限られています。

最近は芽キャベツを見る機会が随分減り、
食卓に並ぶことがなくなってきたと思いますが、

普通のキャベツより芽キャベツの方が
沢山の栄養を持っています

 

・ビタミンⅭ

風邪の予防、疲労回復や美肌に効果あり。
キャベツの約4倍の160㎎。

・ビタミンK

血液凝固の抑制や骨形成に効果あり。
キャベツの約2倍の150μg。

・βカロテン

強い抗酸化作用によりがん予防に効果あり。

葉酸を多く含んでいるので妊娠初期の方は
積極的に摂取して欲しい栄養素。

・ビタミンU

一度は聞いたことがあるキャベジンが含まれている。
潰瘍予防や治療に高い効果がある。

・ジアスターゼ

消化を助け、胃もたれや胸焼けなどに効果あり。
消化不良改善の胃腸薬にも含まれている

 

妊娠初期に葉酸を採りすぎると
胎児に影響が出たりしますが、

βカロテンから摂取すれば体内でビタミンAに
変わり過剰症を防ぎます
のでご安心ください。

Sponsored Links



おいしい芽キャベツの選び方と保存方法

芽キャベツは葉がしっかりと閉じていて、
重みがかかったものを選びましょう

また新鮮な芽キャベツは緑色なので
黄色みがかかったものは古くなっています

年中通して食べることが出来ない物なので
少しでも保存をしておきたいですよね。

 

まず冷蔵庫での保存ですが、

芽キャベツは洗わずに乾燥しないよう
通気性のある袋に入れるだけで完了です。

生だと1週間程度ですので、なるべく早く使用しましょう。

 

茹でて冷凍保存する場合は、
固めに茹でて小分けしたものを冷凍します。

使用する際は自然解凍をしましょう。

芽キャベツの食べ方!下ごしらえのゆで方やゆで時間は?

芽キャベツはアクが強いので

シチューやポトフなど煮て調理する食べ方が
ほとんどだと思いますが、

下処理をするだけで炒め物にも使えます!

 

下処理の手順は外側の皮を2枚ほどむき、
茎の部分に十字に切り込みます

そうしておくと火が通りやすくなり、
早く茹であがります。

塩を少々加え、使う料理に合わせて
茹で加減を調整しつつ、すぐに冷水で落とします。

 

炒め物やサラダに使う場合は

苦味があるので使用する場合は、
6分ほど茹でてアクを抜いて調理します。

煮物や揚げ物に使う場合は
煮物の場合は2分ほど茹でますが、

基本的には揚げ物も一緒で
下茹でをしなくても大丈夫です

 

芽キャベツの美味しい食べ方として

茹でて塩を振ったものをマヨネーズなど
つけて食べるだけでも十分美味しく、

ちょっとしたおつまみにも最適です♪

またベーコンやウィンナー、オリーブオイルなどと
一緒にサッとあえた炒め物や

芽キャベツの素揚げなどもできますし、
おひたしやサラダにも良いですね。

 

実は芽キャベツ、縁起の良い食べ物として
結婚式などに用いられていたりと華やかな野菜です

どこでも栽培しているかと思えば、
現在は殆どが静岡県で作られています。

時期はと限られており、
スーパーでもあまり見かけない貴重な芽キャベツ。

その実態はどの野菜にも負けないほどの
栄養素を誇る素晴らしい野菜でした!

Sponsored Links