なすの効能や効果的な食べ方!ダイエット効果もある!?

                         ba0eb2458b715bd0ad5de9d9b324976c_s

なすの栄養ってご存知ですか?

味自体はあっさりしているから
それほど栄養無いんじゃないの?

・・・なんて思っていませんか?

薬ではないので
ナスばかり食べる事は無いと思いますが、

せっかくなら食べてなんらか
体にプラスされるものを効率的に食べたいものですね。

では、なすの栄養に含まれる効能や効果について!
今回は少し詳しくご紹介しましょう。

Sponsored Links



なすに栄養分ってあるの?その効能や効果は?

「なす」といっても今では様々な種類がありますね!

主流なものでいえば中なすや小なす、
長なすや丸なす、米なすなどがあります。

最もポピュラーなものは中なすですが、
煮・焼・揚・蒸と万能な野菜です

今では一年通して購入出来ますが
本来の7月~9月あたりの夏野菜です。

 

なすの栄養のほとんどが水分
ビタミンやミネラルは少量ですがバランスよく含んでいます。

とはいえ100gでカロテン100μg、
葉酸を19μg、カルシウムを18mgと含んでいます。

特化しているものといえば「カリウム」で100g中220mg

きゅうりよりも若干多く、
大根やトマトなどと同じ程含んでいます。

 

体内の塩分・水分バランスを整えてくれる成分ですが、
それにより体を冷やすとされています。

もちろんこれは生食の場合で、

加熱した場合にはカリウムも溶けだしているので
体を冷やすことはありませんのでご安心を。

Sponsored Links



なすの効果にはダイエット効果がある!?

なすで得られる効能・効果には、
特徴的な黒紫の皮に含まれる天然色素「アントシアニン」

よく黒豆やブルーベリーやビルベリーなど
紫色の濃いものに含まれている色素です。

このアントシアニンは
生活習慣病予防にも繋げる作用があり、

血糖値や血圧の安定をはかったり、
動脈硬化の抑制といった働きをすると分かっています。

 

アメリカの有名シンガー「マライアキャリー」が
双子出産後にアントシアニンでダイエットした!

ということをテレビで言っていたのですが、
週に3回紫色の色素を持ったものを食べ続けていた様です。

恐らくこれだけではなくバランスのよい食事と
トレーニングはされていたと思います。

 

活性酸素を抑える働きで有名なアントシアニンですが、
ダイエットに繋がった経緯としては、

恐らく体を酸化させない働きによって、
体内にある毒素を溜め込まなくなることで代謝があがり
痩せやすい体に導いていったのでは?

・・・と考えられています。

なすの栄養摂取するための効果的な食べ方は?

なすの効果は眼精疲労や活性酸素抑制という点で
シミやソバカス防止ということもあり美容にもよい食材です

では効果的に食べるにはどうしたらよいか?

 

なすのカリウムの効果を活かす場合には、
生食で食べる事が適しています。

生食できるので千切りにして
かつお節と醤油などと食べても美味しいです。

夏バテや夏の暑さにやられている場合は生食

それ以外は加熱でもよいと思いますが、
油をよく吸うので油の使い過ぎは気をつけてくださいね。

 

Sponsored Links