人参や玉ねぎの糖質は多い!?糖質ダイエットには向いてない?

                         971bf9e3c001c0942a12d9d675e3f74b_s

ダイエット食材として出て来る野菜に
「人参」があがりますが糖質って気になりますね?

人参はダイエット中に食べると太る!

といった事を耳にするのですが、
それは本当なのか?

気になる人参などの糖質をリサーチしました!

Sponsored Links



人参は糖質が意外と多い!?ダイエット向きではない?

低糖質を基本としたダイエットでは、
糖質を含む食材は極力控えつつ、低いものを選びます。

糖質といえば土の中で育つ根菜類は、
食物繊維を含んでいるので、

本来はダイエット中のお腹を整えるのに
とてもよい作用をしたり栄養豊かなものもあります。

 

しかし、高糖質として上げられる物には、
じゃがいもなどの芋類を筆頭に人参や玉ねぎがあげられます。

人参に含まれている糖質は100gに4.7g

糖質というと「甘い」と思われますが、必ずしもそうではなく
でんぷんや食物繊維も含まれいるものも言います。

 

また、野菜に含まれている糖質とは「多糖類」
でんぷんやオリゴ糖といったものがあり、
糖類とは違う部類になります

多糖類は身体の中で分解されてから吸収するので
実際には糖類の吸収よりも穏やかです。

ダイエットなどで気になる「血糖値」においては、
非常に穏やかなので言わばダイエットには最適です

人参はどれくらい日持ちする?

Sponsored Links



玉ねぎは糖質制限ではNG!?

糖質制限で注意される野菜には、
芋類やにんじん、玉ねぎといった根菜類

思えば根菜類でも人参や玉ねぎは甘みがあるため、
それがどうやら言われる根源の様です。

 

玉ねぎの糖質は100gで4.2g

加熱をして含まれている糖が糖化して
甘みが凝縮されるのですが決して量が増えるのではなく
あくまでも水分が抜けて凝縮される所以です。

飴色に炒めた玉ねぎはとっても甘いですが、
オリゴ糖やでんぷんなので、急激な血糖値上昇というよりも

むしろ血圧を下げたり、血糖値を穏やかにして
生活習慣病予防となる野菜です

 

糖類を控えるための甘みとして、
逆に利用するのはいかがでしょうか?

炒めてからスープにすると
非常に甘くて満足する甘みを楽しめます。

玉ねぎの食べ過ぎは吐き気や体臭など害が出る!?

低糖質ダイエットのデメリット!

低糖質ダイエットは既に多くの方がご存知だと思いますが、

糖質を控えて燃費の悪い身体を作る事で
逆に消費カロリーを増やすことです。

本来は糖分をエネルギーとして私たちの身体は動いていますが、
糖質を抑えるとエネルギー優先順位が脂肪へと変わります

脂肪を燃やしてエネルギー源として働くため、
脂肪燃焼に繋げるといった事で行われています。

 

1日の糖質を20g以下!
多くても50g以下に落とす必要性があります。

1週間で効果が!・・・などと見かけますが

実際には水分が排出されただけ
本当の成果とは言えず、デメリットの方が多かったりします。

 

例えば脂肪燃焼で起こる「ケトン臭」

おしっこ臭い体臭になったり、
慣れるまでの頭痛や頭が働かない状態・・・

ベスト体重になって食事を戻せば
あっという間にリバウンドするという
ハイリスクハイリターンなダイエットです。

 

Sponsored Links