れんこんの皮はむかない方がいい?アク抜きや黒く変色しない方法は?

                         8dcc3c4b7dbf0d26496dcc8355ec6e07_s

サクッとした歯ごたえが美味しいれんこん

野菜は皮をむくもの、むかないものとありますが、
れんこんは皮をむく野菜なのか??

疑問に思いませんか?

皮には一番栄養があると言われますが、
もしかして無駄にしているのかも??

ここではれんこんの皮はむくべきか?
下ごしらえや保存方法までご紹介します。

Sponsored Links



れんこんの皮はむかない方がいい?

れんこんを使ったレシピには、
必ずといっていいほど皮をむくと書いてあり、

れんこんは皮をむくのが当然だといわんばかりに
叩き込まれて来た様に思います。

私自身もそうだと思っていましたが、
真相はむかなくてもいいのだそうです。

 

そもそも、れんこんの皮がむかれ始めたのは
その見た目を美しくするために行われた様で、
和食などでは白く美しいれんこんが鎮座します。

れんこんの皮に多く含まれるポリフェノールによって
茶色く変色させてしまうため
見た目重視な料理に対しては皮をむく必要があったのです。

見た目だけなのでご家庭では使う場合は
よく皮部分を洗ったらそのまま調理する事もできます。

Sponsored Links



れんこんの皮のむき方!アク抜きや下ごしらえ方法、黒く変色した時は?

れんこんの皮のむき方は、
出来るだけ薄くむく事が大切です

包丁でむく時はむきやすい長さにカットしてから、
りんごの皮をむく時と同じ様にむいて行きます。

便利なのがピーラーで、
薄くむけるので無駄がありません。

 

れんこんは皮をむいた後に空気が触れると
黒く変色させてしまうので水に漬けておきます

その際にはお酢を少量入れた水に浸すと
より黒く変色することを防ぎます。

酢水に付けることでアク抜きもできますが、
漬ける時間は10分くらいに留めましょう。

れんこんを保存するときは皮をむいた方がいいの?

れんこんを保存するときは冷蔵庫が一般的です。

ただし、乾燥に弱い野菜なので新聞紙やキッチンペーパーを
湿らせて、包んでからポリ袋に入れて野菜室に保存します。

保存期間はおよそ1週間程度です

ただ、それ以上使わない可能性がある場合は
冷凍保存がおすすめです。

 

その際には皮をむいて使いやすいサイズにカットし、
フリーザーバッグなどに入れて冷凍します。

調理の際には解凍せずに
そのまま使えば水っぽさもなく使う事ができます

冷凍保存であればおよそ1~2ヶ月
保存が出来るので無駄がありません。

 

Sponsored Links