冷凍しめじは臭くなる?変色しない保存方法と解凍は?

                         a0960_001378

様々な食材を出来るだけ鮮度を落とさない様にと、
冷凍庫で保存しますよね。

そうした物の中にしめじがありますが、
しめじの冷凍もポピュラーで、
すぐに料理に使えるので便利です。

 

しかし、使う際に困った事はありませんか?

なんだか臭う・・・
変色してる!!なんで!?

しめじの冷凍におけるお悩みを解決!
冷凍保存方法などご紹介していきます。

Sponsored Links



冷凍したしめじが臭いんだけど?解凍に問題があるの?

しめじは特売などで安く買えたりするので
つい多めに買って冷凍しておこう!と思いますよね。

わが家でも割と色々な料理に使う事ができるので
多めに買ってはストックしておきます。

 

よく、冷凍したしめじを使うと
臭い”と耳にします。

実際、私はそうしたことに直面していないので、
「腐ってたんじゃないのかな?」なんて思っていましたが、
料理に使う際の方法に誤りがあったようです。

 

冷凍したしめじは、
冷凍のまま料理に使うのが最適!

解凍して水っぽくなってしまったしめじは
確かに臭く、食感もとても悪いです。

Sponsored Links



しめじの冷凍方法は?保存前に洗うの?

しめじの冷凍方法は、

「石づき」というしめじの根元部分を
切り落とし、小房に分けて洗わずに

そのままフリーザーバッグなどに
重ならない様に広げて冷凍します。

その他、細かく刻んで小分けにしておくと、
離乳食や料理の混ぜ物などに手軽に使えて便利です。

 

冷凍は急速冷凍がおすすめ!

ご家庭の冷蔵庫に急速冷凍の機能が無い場合には、
金属製のバッドに袋ごと乗せて冷凍したり、

もしくは、バッドの上にオーブンシートを敷き、
その上に直接しめじを乗せてラップし冷凍を行い、

完全に凍ってからフリーザーバッグに移すようにすると
凍って金属皿にくっついて取れない!

・・・などという憂き目から免れます。

 

乾燥させて冷凍保存もおすすめ!
旨味が凝縮されて栄養価もアップします。

いずれにせよ、空気は毎度きっちり
出来るだけ抜いて冷凍保存しましょう。

しめじの冷凍期間はどれくらい?変色を防ぐには?

しめじの冷凍期間
おおよそ1ヶ月を目処にしましょう。

冷凍庫も開け閉めを行っているので
庫内の温度の変化があります。

 

冷凍しておけば腐らない、鮮度が落ちない
という事ではなく、あくまでも品質低下を
緩やかにしているだけですので、

生鮮食品は、あまり長期間の冷凍保存をせず、
1ヶ月を目処に使い切るようにしましょう。

 

水分が抜けると生のままよりは
長期間の保存が可能になりますが、

冷凍焼けや、臭い移りもしてくるので
早めに使い切る事をおすすめします。

 

また、きちんと冷凍しておいた筈なのに
色が茶色く変色したなんてことも耳にします。

それは、使う際に空気に触れる回数が増え、
それにより酸化してしまった状態です。

腐っている訳ではないので食べる事は出来ますが、
なんだか見た目にも食べる気が失せるなんてことも。

 

冷凍する際には出来るだけ小分けにして使う分量ずつ冷凍し、
調理する際には速やかに使用分量を出し冷凍室に戻すこと!

茶色く変色してしまったものは元に戻らないので、

色が目立ちにくいハンバーグソースや
トマトと煮込んだり、カレーに混ぜて早めに消費しましょう。

 

Sponsored Links