正月帰省の手土産マナー!喪中のときは?お供え用も必要?

                         073578

お正月、帰省する際に持っていく「手土産」

どんなものを選べばいいの?
予算は?のしは?
さらにお供え用と別がいいの?

など、いざ用意する時意外と困りますよね?

そこで、お正月の手土産
マナーとポイントをまとめてみました。

安心してお正月に帰省できる
手土産を用意しましょう!!

Sponsored Links



お正月帰省におすすめの手土産は?

いざ、手土産を選ぼうと
お店に行くとつい自分の好みで
選びがちですがこれはNGです!!

 

手土産を選ぶ時のポイントは

・相手の好み

・家族構成

・年齢

・人数

以上をしっかり踏まえた
「喜んでいただけるもの」を選ぶ事です

 

例えば・・・

普段からコーヒーを飲む
ご両親と、お子様がいる家族であれば・・・

コーヒー豆と、お子様も食べられる
コーヒーに合うお茶菓子のセット

 

お茶をよく飲むご両親であれば・・・

お茶の詰め合わせ
などを選ぶと良いと思います。

さらに、何日か滞在させて頂く場合は

「皆で食べられるもの」⇒スイーツやフルーツなど

 

ご挨拶だけの場合や、
他の兄弟、姉妹と被る事がありそうな時は

「普段使える日持ちするもの」⇒ お茶、海苔、調味料

などの配慮もあると◎。

 

ちなみに、

「ご当地限定のお菓子」や「お取り寄せスイーツ」などを
選ぶのも人気のようです!!

基本は「リサーチ」して
好みなどを把握しておくことが大切ですね。

Sponsored Links



正月手土産の予算や相場は?

手土産の予算も困りますよね?

ズバリ!!
手土産の予算の平均は3千円です。

ただし、宿泊する場合などは
お世話になるお礼も込めて
もう少し予算を上げてもいいと思います。

その場合でも
5千円程度にする方が多い様です。

 

ちなみに渡す相手による
手土産の予算の平均は・・・

・親、親類 ⇒ 3~5千円
・会社の上司や取引先 ⇒ 5千円
・友人 ⇒ 3千円
・ご近所 ⇒ 1千円
・仲人 ⇒  3千円

 

あまり安すぎたり
高価すぎたりするのも良くないので、

これを参考に喜んで頂けるものを選びましょう!!



正月手土産の熨斗や渡す時期!お供え用や喪中のときは?

熨斗選びと渡す時期は大切なマナーです!!

そこで最後に熨斗選びと渡す時期をご紹介します!

お正月の手土産は御年賀になります。
この場合の熨斗は・・・

花結び祝い

「熨斗紙」に紅白(赤と金で印刷さている)の
5本または7本の花結び(=蝶結び)に
熨斗がでサインされたものを使います。

 

表書きは濃い色の墨で
水引中央結び目の上に楷書で

「御年賀」「御年始」と書き、
名前を水引の下にやや小さめにフルネームで書きます

 

ちなみに、最近では熨斗紙ではなく
カジュアルなものを選ぶ方も多い様です。

渡す相手に合わせて変えてみるのも◎です。

 

渡す時期は、正式には正月三が日

もしくは松の内までに訪問するようにしましょう。

松の内

一般的には1月6日ですが
地方によっては7日10日15日までと
されているところもあります

 

この時期を過ぎてしまう場合は、
表書きを寒中見舞いにして訪問しましょう。

双方どちらかが喪中の場合は、
相手先に了承を得たうえで、
松の内を外し「寒中見舞い」として持参します。

 

また、お供え用の場合は

お年賀をまずお供えしてから頂くので、
お年賀だけでいいという場合が

最近は多いようですが、
別で用意する場合は

実家用には熨斗はつけず、
お供え用にだけ熨斗を付けて

日持ちのする、ご先祖様が喜ぶものを選びましょう。

 

以上がマナーとポイントです!!

楽しいお正月、

みんなが喜ぶ手土産を選んで
素敵な一年のスタートにしましょう!!!!

Sponsored Links