血豆ができる原因と治療方法!悪化しないための処置と治し方は?

                         33415adefedbcbc209fb4128d403358d_s

血豆は口の中や手足の指、
爪の中などに出来ることがあります。

気になってしまうし・・・
いつになっても消えないものはこれって病気!?

 

今回は血豆の治し方や治療についてご紹介します。

Sponsored Links



口の中・舌にできてるのは血豆?口内炎?

口の中に何かぽっこりできている!

多くは口内炎か血豆ですが、
口内炎は白っぽくさらに炎症を起こします

口内環境が崩れることで引き起こしますが、

その原因にはストレスや栄養不足、疲労や
歯磨きが不十分であるなどといった原因があげられます。

 

血豆に関しては多くは頬の内側のたるみや歯の噛み合わせ、
噛んだり当ったり、外側からぶつけてしまったとき等に出来る事も。

中にはストレスで頬の内側を噛むクセがある方は
自傷行為で作ってしまっている事があります。

噛んで出来るものは小豆ほどのサイズがほとんどで
毛細血管が切れて血が溜まって出来ています

 

ただ、いつになっても治る気配がない・・・

多くは丸型か楕円の様になっていて、
いびつで境が不鮮明なものもあります。

特に痛みもないという場合には、
口の中に出来た皮膚がんの一種の可能性も!

メラノーマや突発性血小板減少性紫斑病や
再生不良貧血といったものも疑います。

 

また、極稀に口の中にホクロが出来る方もいるので
素人判断で原因不明の血豆の様なものが出来た場合、

その血豆の様なものが急に大きくなった場合は
病院で診察を受けた方がよい場合もあります。

原因がはっきりしているものは
放置していても治ります

できた血豆は潰すべき?潰さない方がいい?

Sponsored Links



指や手足の爪の血豆の治療は?

指を挟んだ時などに爪の下に血豆が出来て
挟んだ事で炎症を起こして痛みがあります。

他にも足の指などはきつい靴を履いていて
圧迫されることで血豆を作る事もあります。

 

足の指に出来た時に歩くのに支障があるといった場合には、

爪に穴をあけて中の血を抜き、圧迫固定をして治療をし、
爪が生え変わるまで自然治癒を待つほかありません。

ただ、原因分からず手足の爪に不鮮明な黒っぽい
筋の様なものや斑の様なものが出来る時は注意!

 

爪が成長するとともに移動するものは問題ないですが、

一向に消えずに急に大きくなったり幅が広くなったりする物は、
メラノーマなどといった皮膚の癌であることも考えられます。

 

血豆の処置の仕方!早く治す方法は?

血豆の処置としては一般的には血を抜く事

消毒をしたり火でよく炙って冷ました針を刺して
血を抜いて処置をする方法があります。

早く治す方法の1つでもありますが、
細菌などの感染を起こしやすいので注意が必要です

そうしたリスクを伴わない様に、
処置後は消毒をすることをお忘れなく。

 

の場合には爪に穴を開けて
押し付けると中に溜まった血を抜く事が出来ます。

爪の下部分を傷つける事もあるので
病院で行った方が無難です。

また、爪が剥がれそうになっても無理して剥がさず、
今後、新しい爪が生えて来るまではそのままに。

 

Sponsored Links