美味しいトマトの選び方!色やヘタ、重みで簡単に分かる見分け方

                         1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s

今では通年手に入るトマトですが、
選び方ってご存知ですか?

せっかくならよいトマトを選んで
おいしいトマトを食べたいですよね。

他にも家庭菜園でトマトを育てる場合に、
いいトマトの苗を選ぶ方法や栽培方法とは?

今日はトマトの選び方についてご紹介します。

Sponsored Links



トマトの旬な時期はいつ?含まれてる栄養は?

赤く熟したトマトはサラダにしても
ソースや煮込み料理などと美味しい料理になりますよね。

今では1年中手に入るトマトですが、
やはり旬のトマトが一番美味しいです。

日本の露地栽培の旬は6~8月

高温多湿が苦手なトマトは乾燥気味で、
たくさん陽を浴びたものがとても糖度が高く、
酸味もマイルドなおいしいトマトになります。

 

トマトの栄養は、やはり緑黄色野菜の
代表の1つでもあるβカロテンを多く含んでいて、

抗発ガン作用や免疫賦活作用があることでも
よく知られていると思います。

他に健康な髪の維持や粘膜、皮膚の健康維持、
視力維持、喉・肺といった呼吸器系を守る働きをします

 

さらに赤い色「リコピン」には
活性酸素を除去する働きを持ち、

美肌や老化防止などで
今では化粧品やサプリメントになっています。




美味しいトマトの選び方や見分け方は?

スーパーや八百屋さんなどで出かけたら、
なんとなく手に取るのではなく、目利きをしましょう。

美味しいトマトであり新鮮なトマトを選ぶ事で
痛んだものよりは日持ちや鮮度が違います

 

美味しいトマトは赤く艶やかなもの!

トマトが売っている売り場で全体に見渡して
中でも色が濃いものを選びます。

さらにヘタをチェックして
緑色で乾燥していない鮮やかな物を選ぶ事!

鮮度の良さをみます。

 

品種にもよりますが多くは丸みのある型をしていて、
稀に角張った型をしているものがありますが、
中がスカスカになっている事があります

そして決して力を入れる訳ではなく、
持ってブヨっとしたものは鮮度が落ちています。

さらにトマトは水分が少なく重みがあるもの
甘みが多いのでずっしり重いものを選びましょう。

Sponsored Links



トマトの苗の選び方のポイントと栽培方法は?

家庭菜園でトマトは人気ですよね!
実ったトマトを収穫し、味わう楽しみは格別です。

元気で上部なを選ぶポイントは、

子葉が付いていて本葉が8枚以上付いていて、
茎が真っすぐで太くて節と節の間が狭いものです。

さらに葉が大きく黄色く変色していないもの!
そして蕾が付いているものを選びましょう。

 

トマトを育てる場合は植え付けを4~5月

水はけがよく苗を植えたら仮支柱をし、
定着したら太く上部な支柱を立てましょう。

花が咲き始める頃から脇に出て来る
小さな芽(わき芽)を摘んで、
栄養がきちんと行き渡る様にします。

 

トマトはあまり水を与えず、
乾燥気味に育てる程度でよいのですが、
あまり水をあげなさ過ぎるのもひからびてしまいます。

ただ、毎日与える必要はありません。

ポイントは「葉がやや萎れている頃」

水を与えすぎると根腐れや水っぽい
おいしくないトマトになってしまいます。

 

Sponsored Links