陽春の候の意味と春陽の候の違いは?時期はいつからいつまで?

                         dec99ad73d1bfb984a46dee50cc96b32_s

日本では季節を古くから愛し、
細かな四季の変化に
それぞれ名前を付けている風習があります。

その中に「陽春の候」という言葉があり、

手紙やビジネスシーンの文書など
季節を添える言葉として使われています。

実際に陽春を使う時期とは?
具体的にいつをさすのでしょう?

詳しく解説してまいります。

Sponsored Links



陽春の候の意味とその由来は?

陽春(ようしゅん)とは、
春の季語で漢字を見て頂くと

その雰囲気からも分かるといえますが、
春の陽気に満ちた気候という意味を持っています

「候(こう)」
まさにその季節を指すという意味で、

温かい陽射し、春に満ちた季節です
という事になります。

 

しかし、「陽春」という言葉は、

・旧暦1月
・春の盛り

という2つの意味を持っています。

さて、どうしてこの2つの意味があるのでしょう?
ポカポカ暖かい春の事ではないの??

次でその疑問を解決しましょう!

Sponsored Links



陽春の候の時期はいつからいつまでのこと??

2つの意味を持ち合わせている事を前で触れましたが、
ここではその2つの意味を分析してお話ししましょう。

まず春の盛りに注目してみましょう。

”春の盛り”においては、

・暦上の春
・気象庁の定義

という部分で異なるものです。

 

旧暦の1月

早い年・・・新暦の1月22日頃~2月19日頃

遅い年・・・新暦の2月19日頃~3月20日頃

※雨水(1月→新暦2月19日頃)±29日

旧暦の2月

早い年・・・新暦の2月20日~3月21日頃

遅い年・・・新暦の3月21日~4月19日頃

※春分(2月→3月21日頃)±29日

 

”春の盛り”とは、旧暦1月~3月の間にある2月
仲春に対して差した言葉です。

新暦である現在でいう

花の盛りである仲春いわゆる「陽春」は
3月~4月という事になります。

 

しかし、気象庁の定義でいう「春」は
3月~5月であるので、その真ん中である

仲春=4月(花の盛り)

時候の挨拶で使う場合には、

双方共に交わる『4月』に使うとよい
ということになります。

 

陽春の候と春陽の候との違いはなに??

漢字をひっくり返した様な季語
「春陽」があります。

陽春の時期につかう時候には、
同じ意味を持つものが複数あります。

・軽暖の候
・温暖の候
・春陽の候
・陽春の候

 

こうした言葉は全て現在の

さすがに春分の日以降の2月や、3月中頃までは
まだ温かさを感じるには難しい事が考えられますが、

使うともなれば春であり、

温かさを感じ始める3月末頃から
4月いっぱいまで使える言葉です

 

他には桜の開花がまさに今、始まった地域の方へ
送る手紙などにも使えるといえます。

しかし寒冷地ではまだ4月といえば
まだ桜の開花もまだの地域も多いので

使う場合には相手先の状況も
配慮しなければいけないかな?と思います。

 

Sponsored Links