浴衣の着方は右前?左前?その理由は?男女のシャツみたいに違いはある?

                         42901356fd8d96cba2fad3673655ed09_s

浴衣の着方はご存知ですか?

合わせが右前・左前どちらか知らないと
恥ずかしい思いをすることがあります。

和装を着こなす基本でもある「右前」について!

これって自分から見て?
それとも相手から見てなの??

 

浴衣の着付けなどについても解説します。

Sponsored Links



浴衣や着物の合わせは右前?左前?その理由は?

浴衣や着物の合わせは、

自分から見て右側が先で、
左側が後、これを「右前」といい、

”前”としていますが
”先である”という意味になります。

 

右前が基本になった理由には諸説あり、

一般的には奈良時代(養老三年)に出された
『衣服令(いぶくりょう)の中にある

初令天下百姓右襟” つまり 庶民は右前に着る
という一文が起源であるといわれています。

中国の思想による影響で、
左の方が位が上であることから、

高貴な方だけに左前(今で言う死人合わせ)が許されており
庶民は右前に着る様になった様です。

 

日本で普及させたのは聖徳太子である様で、
実は左前に着ると労働動作の妨げになるという事で、
必然的に右前でなければ効率が悪かった様です。

Sponsored Links



男性、女性で浴衣の右前や左前の違いはあるの?

浴衣や着物といった和装の場合には、
合わせに男女の違いはありません。

ただ、現代のボタンの付いた服については、
左前と右前と男女によって違いがあります。

 

洋服に関しての違いは、13世紀頃の
ヨーロッパの貴族の風習から言われており、

当時、男性は自分で服を脱ぎ着していたことから
右利きの人が脱ぎ着しやすい様に右側にボタンが付き、

女性の場合は使用人が服の脱ぎ着をしていたため、

右利きの使用人に合わせ
左にボタンを付けたと言われています。

 

洋服ではこうした違いがあるため、
浴衣にも男女の違いがあるのではないか?と
勘違いしてしまう方が多いのだそうです。

もう1度申しますが、
和装には男女の違いはなく
右前(右が先に体に密着する)です!

お祭りや温泉の浴衣では着方や帯の結び方が違う?

浴衣を着るシーンといえば
お祭りや温泉・旅館などがありますね。

お祭りで着る浴衣と温泉や旅館で着る浴衣は
若干違いがあります

温泉や旅館では寝間着の代わりですので
襟には芯がなく全体的に柔らかい作りになっています。

 

温泉や旅館などでのは簡易的なもので、
帯の中心をおへそ辺りに当てて後ろへ回し、
左右の帯を前に送り一文に結びます。

お祭りで着る浴衣の着方については、
動画をぜひ参照してください。

 

また、女性の帯の結び方については、
蝶結び文庫結び片花文庫結び一文字
など色々な結び方があり、アレンジも様々です。

男性は兵児帯や角帯を使用します。

お祭りなどで男性が貝の口に帯を締めているのを見ると
スッキリしていて粋な感じが素敵です。

 

浴衣の帯は自分の体の前で形作り、帯を両手に持って
ぐるりと後ろへ回すのが一般的です。

まずは着方を覚えて今年の夏祭りに
浴衣でお出かけしてみませんか?

合わせについてもこれでバッチリですね!

 

Sponsored Links