残暑見舞いを出す期間はいつまで?暑中見舞いとは違うの?文例は?

                         082340

日本には四季により
季節のお便りを出す風習がありますが
中でもこの便りはいつ出すの?

と分からなくなる事があります。

 

その中に「残暑見舞い」がありますが、
送る時期はいつなのか?
いつまでに出すものなのか?

今日は残暑見舞いの期間について解説いたします。

Sponsored Links



残暑見舞いと暑中見舞いを出す期間はいつまで?

残暑見舞いとは
夏の暑さ厳しい時期に出す季節の便りですが、
その前には”暑中見舞い”を出します。

 

暑中見舞いをいつ出すか?などは
色々な説があり一概にもいえませんが、

一般的には二十四節気の小暑(7月7日ころ)から
立秋(8月7日)の前日までに出すという説であったり、

夏の土用の時期
立秋前の約18日間で7月20日頃からや、
梅雨明けからなどと言われています。

 

本来、暑中見舞いは夏の暑さ厳しい時期の
安否伺い・季節の便りでもあるので、

梅雨が明けて夏本番な頃になってから
出してもよいのでしょう。

 

しかし、梅雨は西より順に明けて行くので、
自分が住んでいる地域は梅雨が明けていても、

相手先はまだ明けていないなんてこともありますので、
そうした気候の注意はしておきましょう。

Sponsored Links



残暑見舞いの文例は?

残暑見舞いは暑中見舞い同様で、
「残暑お見舞い申し上げます」から書き出し、

文末は「平成○○年 晩夏」や、
立秋葉月とします。

なお、暑中見舞いの場合の文末は「盛夏」です。

冒頭の挨拶を書き終えたら、続いて時候の挨拶、
送り先の方の安否を気遣う言葉と続きます。

 

文例1

晩秋の候、皆様におかれましては
益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

文例2

晩秋の候、秋風を感じられる様になってまいりましたが、
皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。

 

そして、近況報告やお礼やお知らせと続き、
送り先の方へ気遣う言葉と終わりの言葉でしめくくります。

 

残暑見舞いの期間はその年でいつまでに出すとか変わるの?

残暑見舞いを出す時期は、
立秋(8月7日)から白露(9月8日)の前日
とされていますが、

多くは立秋(8月7日頃)から8月末まで
送る様にとしています。

 

年によって変わるかどうかと調べてみましたが、
細かな取り決めといったものや
言われによっても異なるため、

なんとなく9月にもなると秋という
季節のイメージが強い印象であったり、

夏休みや夏イメージの強い8月末までに
送る方が
多いということとなります。

 

ちなみに、暑中見舞いも出して
残暑見舞いも出さなくてはいけない?

と悩んでいる方も少なくない様ですが、
どちらか一方を送るだけでいいです。

 

暑中見舞いを出し遅れてしまった場合や、
お中元を贈り忘れてしまった場合なども
残暑見舞いの期間にご挨拶やお礼をします。

 

Sponsored Links