ヤクルトには便秘解消効果が!便秘になった人にはラブレがおすすめ?

                         360114

ヤクルトで便秘が解消された!

確かにヤクルトには腸まで届くシロタ株で
お腹によい作用をしてくれそうですが、

その反対に便秘をする様になった!
・・・という方もいらっしゃいます。

実際どうなの?

今回はヤクルトと便秘の繋がりについて調べてみました!

Sponsored Links



ヤクルトには便秘解消効果があるの?

日本人は腸があまり良くない!・・・なんて言います。
特に女性では2人に1人は便秘で悩んでいると言います

便秘薬もありますが、あまり続けて使っていると
腸を取り巻く粘膜が肥厚してしまう!

ということで、できればあまり使いたくないですよね。

 

特に妊婦さんはホルモンバランスにより
便秘になり薬を使う事もできないので、

出来るだけ自然な型でお通じに期待したいところです。

そもそも便秘になる!・・・という事は、

腸内環境が悪玉優勢傾向になり、
腸の動きを低下させている事もあります

そのためオリゴ糖や食物繊維のある野菜を
摂った所で解決しないという結果もあったと思います。

 

悪玉優勢では環境を整える善玉が少ないので
餌になるオリゴ糖を与えても意味はなく、

また食物繊維も消化に悪い不溶性食物繊維を摂りすぎれば
逆に便を硬くしてしまい結果、便秘になります

まずは善玉菌であるシロタ株を
継続して摂取し、腸内環境を整えること!

生きた乳酸菌摂取という点で
ヤクルトを基本1日1本がおすすめです。

Sponsored Links



ヤクルトで便秘になる理由は?便秘になった人はラブレがおすすめ?

ヤクルトを飲んで便秘になる・・・
そうした方もいらっしゃいます。

実際にヤクルトに限った訳ではありませんが、
人間の体には差があって万人全てによいわけではありません

良いか悪いかという言葉の表現も誤りですが、
「合う」「合わない」といって良いでしょう。

私たちの腸の中には多くの種類の菌が常在していて、
この菌とシロタ株が相性が合わなかった!

・・・ということだって考えられます。

 

対してカゴメから出ているラブレは、

発酵漬物の中から見つかった植物性の乳酸菌で、
こちらも生きたまま腸に届く菌です

ちなみにヤクルトのシロタ株は
人の腸内の菌から選抜し、それを培養したもの「人」由来

ラブレ菌は「植物」由来という違いはあります。

 

では、どちらが優れているのか?

・・・と言えば、これも同等であり
味の好みやお腹との相性で決るといいのでは?

つまり優劣をつけるに値しないということです

また、乳糖に弱い方に関しても
ヤクルトは乳糖をほぼ分解しているものですが、
ゼロではないのでそれが元であることもある様です。

そうした方には豆乳など主原料になっている
ラブレで様子を見るという使い分けもよいでしょう。

子供のおやつや離乳食にはヤクルトよりミルミルやジョアの方がいい?

ヤクルトも様々な乳酸菌飲料を展開しています。

ちょうど量もよく、お子さんのおやつ代わりに
飲ませている・・・なんて家庭も多いと思います。

ミルミルもジョアも離乳食を始める頃から
人肌程度のぬるま湯で2倍に薄めて飲ませる事ができます

 

ヤクルト側の見解として薄めるのは

ジョアやミルミルなどのたんぱく質などが
母乳に比較すると濃いためであるといいます。

まだ消化が追いつかない時期のお子さんには
薄めて、スプーンで与える事を勧めています。

 

Sponsored Links