新年やひな祭りに甘酒を飲む意味!その由来や歴史は?

                         372899

家庭では冬のなんとなく冷える日に
作って飲む甘酒ですが、
お正月やひな祭りなどでも振る舞われますよね。

行事に甘酒を飲む意味って
何かあるのかなぁと考える事がありました。

お酒ならなんとなく清めとか祝杯とかいって
お祝いに関係する事はなんとなくつかめます。

 

今回はなんとなーく素朴な疑問、
甘酒を行事で飲む意味について調べてみました!

Sponsored Links



新年・初詣で甘酒やおとそを飲む意味とは?

初詣で神社に行くとお屠蘇(おとそ)が振る舞われたり、
甘酒も合わせて振る舞われていたり・・・

参道で売られている事が多くあります。

寒い時期に初詣で冷えた体を温めるには
やっぱり甘酒は嬉しいものです。

 

お屠蘇に関しては正月に飲む縁起よい酒で
一年の無病息災を願って頂くお酒です。

では甘酒はなぜ?・・・と思われるでしょう。

これには米農家が収穫を感謝し、甘酒を作って供える
という風習があり、その流れで甘酒が振る舞われているといいます。

 

ちなみに米麹で作られている古くからの甘酒は
アルコールが含まれていません。

酒粕を使った甘酒は酒粕のアルコール度数や
濃さによっては飲酒に繋がる事があるそうです。

一般的に缶や紙パックといった市販でそのまま飲めるものは

度数1%未満の清涼飲料水なので
酒気帯び運転にはならないとされています。

Sponsored Links



ひな祭りで甘酒が振る舞われる意味は?

ひな祭りでも甘酒が振る舞われ、

米麹で手作りで作ったもの以外で、市販の時は
子供用にノンアルコールと記載されているものを用意します。

これは昔、ひな祭りでは「白酒」が飲まれてました。

本来は中国の「桃香酒(とうかしゅ)」という酒を指していて、
時代の経過から白酒と呼ばれる様になったそうです。

 

桃は「百歳(ももとせ)」という言葉に通じ、

長寿の象徴であり邪気を祓う!とも言われていた植物で
酒に桃を浮かべ飲んでいたものでした。

江戸時代になり甘酒の方が女性や子供には飲みやすい!
といった点で結びついたと言われています。

確かに米麹で作った甘酒はお酒が飲めない方でも
飲みやすく、ほんのりとした上品な甘さが魅力的です。

甘酒の好きにはぜひ!甘酒横丁へ

甘酒横丁」ってご存知ですか?
東京・人形町にあるのですが、

人形町通りから明治座方面へと東西に250mほど
有名な甘酒横丁と呼ばれている通りがあります。

 

明治初め頃に横丁入口の南側に「尾張屋」という
甘酒屋がありそこから甘酒横丁と呼ばれた様です。

今でも和菓子店や酒屋の店先では
昔ながらの甘酒を堪能する事ができます。

古くからの老舗の名店も多く、
周囲には近代的なビルも立ち並びながらも
江戸情緒のある下町の良さを感じる事が出来る散歩道。

 

水天宮のお参り帰りや、明治座での観劇帰りなどに
堪能してみてはいかがでしょうか?

ちょっと歩き疲れた時には、
甘酒の持つ疲労回復効果とほっこりとした甘さに
気持ちもリラックスできますよ!

 

Sponsored Links