アスパラガスの栄養成分と効果!食べ過ぎは尿の匂いがヘンになる!?

                         056bd5e80df7d24eed2702cc2f5e76b7_s

茹でても炒めても美味しいアスパラガス!
どんな栄養があるかご存知でしょうか?

どんな栄養があるかを知れば、
料理にどう活かそうか?

・・・と日々の健康に繋げる事ができます。

今回はアスパラガスの栄養効果や食べ方、
食べ過ぎてしまった場合の事など合わせてご紹介します。

Sponsored Links



アスパラガスの栄養と効能!その効果とは?

アスパラガスの栄養は、

実際には栄養素はそれほど多い訳ではないのですが、
それなりにビタミンやミネラルを含んでいます。

ビタミンの中ではカロテンと葉酸が多く
100g中カロテンは380μg、葉酸は190μg

 

緑黄色野菜の1つでもあるカロテン

体内でビタミンAに変換され、粘膜などを強くする
働きがあるので、風邪予防などに効果を発揮します。

葉酸は妊婦さんに必要は栄養素です。

1日の必要量が480μgなので、
他の食材とうまく組み合わせれば役立つと思います。

 

アスパラガスは成分に注目される事が多く、
アミノ酸が特に豊かで、中でも「アスパラギン酸」

新陳代謝を促し、疲労回復やスタミナ増強、
腎臓や肝臓機能回復といった作用があり栄養剤にも含まれています。

他にも穂先には「ルチン」や「グルタチオン」が豊かで

血管を丈夫にし高血圧や動脈硬化予防、
老化予防といった効果を持っています。

また、アスパラガスの栄養は
水にほとんど流れる事が無いのも特徴的です

Sponsored Links



アスパラガスを食べ過ぎると尿の匂いが・・・?

アスパラはつい食べやすく食べ過ぎてしまう事があります。

食べ過ぎた後にトイレで尿の匂いがおかしい?という
経験をされた方はいらっしゃらないでしょうか?

しかも、この匂いは嗅ぎ分けができる人と
そうでない人がいるというのですから驚きです。

嗅ぎ分けが出来る人は5人に1人とされ、
その匂いは硫黄っぽい匂いの様です。

 

その尿の原因はアスパラギン酸によるもので、
体の中で硫黄含有物質に分解され

その中に「メチルメルカプタン」という硫黄物質が
含まれている事で腎臓を通り、

尿が臭うというわけです。

 

どれくらいが食べ過ぎなのか?
という決った量がわかりませんが、個人差というものもあり、

早い方ならアスパラガスを食べて15分
この匂いを体験されるそうですよ!

 

アスパラガスの効果的な食べ方や調理法は?

アスパラガスは下ごしらえとして下を少々ピーラーなどで
表面の皮を薄く剥いて下1~2cmを切り落として調理します。

塩茹でにして温かいうちにマヨネーズでいただく
という方法も美味しいのですが、

アスパラギン酸とビタミンB2との組み合わせは
疲労回復に最もよい組み合わせだと言います

 

豚肉と相性が良く、

アスパラベーコン巻きや豚肉と炒めるなどすると
お疲れの方へのメニューとなっておすすめですよ!

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/2NGF4iBBmKM” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

 

Sponsored Links