出初式ではしご乗りをする意味や由来!消防との関係って??

                         9596685a85c35374d468c0776bb35d64_s

普段見る機会のない

消防車による放水はしごのりを見れる
人気のイベント、出初式

 

いつから始まったの?
なんでやってるの?何て読むの?

そんな出初式とはしごや消防の
関係や意味、由来をご紹介します。

Sponsored Links



出初式とは?

聞いたことがない人も多いかもしれませんが、
毎年1月に消防関係者により行われる
恒例行事の一つ出初式です。

読み方はでぞめしき
新年の季語にもなっています。

 

一年の無火災や市民の安心・安全を願う
意味を持ち、日本中で行われています。

この出初式は、普段あまり見ることのできない

消防の放水や、はしご乗りなどの
パフォーマンスもあるため、

多くの観光客を集める人気行事にもなっています。

 

出初式が消防と関係している由来はいつから?

江戸時代の火消による出初が始まり
だと言われています。

江戸時代、木造住宅が多かったこともあり、
火事は大災害のうちの一つ。

火事の広がりを防ぐため、
消防が制度化され始めたのが江戸時代でした。

 

火消が結集し、気勢をあげたことが
出初と言われようになり、

以降毎年1月4日に行われるのが恒例
となったのです。

現在は1月6日に日を改め、
出初式が行われています。

 

制度化された火消は、
大名に率いられていましたが、

このほかに地区や街の持つ町火消
という集団もありました。

町火消の出初は、役人のそれと区別するため
字をひっくり返して初出となっています。

Sponsored Links



出初式では、なぜはしごに乗るの?その意味は??

町火消の出初式のときに、
各々の集団を見分ける纏(まとい)を身に着け、

街の中を練り歩き、はしご乗りや歌を
披露したのが発端だと言われています

 

消防設備が整っていない江戸時代、はしごは、
風向きや火災の状況を把握するために必要でした。

火元の確認や、建物の配置なども
はしごに登り情報を得ていたのです。

しかし、風にあおられたり、バランスを崩したりと、
はしごに登るには技術と経験がとても重要

 

日頃から訓練を行い、
時には曲芸のようなことで度胸をつけ、
火事に備えていたわけです。

そして、出初式のときには、
各々の町火消の集団が磨き上げた技を
披露するようになりました。

それが現代にもつたわり、今では
はしご車など消防機器も整ってきましたが、
火消の伝統を伝えようとしているのです。

2015年、はしご乗りが見れる出初式のイベント情報

平成26年度(2015年)、
東京消防出初式は、1月6日(月)

東京ビッグサイト東駐車場にて実施されます。

開場は8時から、
9時過ぎたころからパレードが始まります。

消防部隊の分列行進消防活動演技のあと、
何台もの消防車からの一斉放水があります。

日本の技術が集結した放水は圧巻です。

 

そして、江戸消防記念会による
木遣り行進とはしごのりが披露されます

熟練の技が見られる数少ない機会の一つとなり、
はしご乗りを見るために多くの人が集まります。

 

この東京消防庁の出初のほかに、
各都道府県市町村の出初式が

地域ごとに日を変えて行われます。

大阪消防出初式は1月5日(日)ですし、
横浜消防出初式は1月11日(日)です。

 

イベントの内容などは各自治体によって違います。

自分が住む地域を守る消防の出初式を
一度見てみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links