プランターでも可能なきゅうりの育て方!植え付け時期や肥料など注意点は?

                         c021eee6e305ac55cbe414c8b97fce56_s

食卓でも通年あがる事の多いきゅうり

家庭菜園でも人気のある野菜ですが、
畑がなくても育てられるところに注目!

ご自分で育てる野菜は買って食べるものよりも
一段とおいしく感じるもの!

今回はきゅうりの育て方についてご紹介します。

Sponsored Links



初心者でもできる!プランターでのきゅうりの育て方!

家庭菜園が初めてという方でも、
プランターで育てる方法はお勧め。

合わせてプランターでの栽培には、
品種についてもチェックしましょう

節なり性親づる型で、
実のサイズがわりと小さめのタイプを選ぶのがいいです。

親づるに実を付ける性質を持つので、
場所を取らずコンパクトで管理しやすいです

 

土は野菜栽培用の土で十分!
または接ぎ木苗の方が病気に強いです。

苗からの栽培は植え付けから収穫まで
期間もとても短く、およそ40日で出来ます。

植え付けにおいて、
育つのに必要な気温は25~30度くらい

本州などであれば5月初旬頃から植え付ける事ができます。

 

プランター自体は四角いプランターでもよいですが、
支柱が立てやすく安定する丸形の深鉢(12号程度)が育てやすい様です。

また、苗を植え付けた時には仮支柱を行い、
植え付け後、2週間くらいしたら本支柱に変えましょう。

本支柱はプランターの場合は直径1cm程度、
高さは2m程度の支柱がほどよいといいます

支柱の立て方は色々ですが、
丸形プランターでは3本程度用意して、
上で束ねるピラミット型が手軽で簡単です。

きゅうりの冷蔵庫での保存期間は何日?

Sponsored Links



種からきゅうりを育てる時の種まきの時期や肥料、水やりは?

きゅうりはからも育てる事ができます。

しかし植え付け時期の30~35日前くらいから
育て始める事がポイントになります。

5月初旬に苗を植え付けるのであれば
種まき時期の目安は3月中旬頃~下旬

直に蒔くのではなく、必ずポリポットで苗を育てます

 

野菜栽培用の土を入れて中央に軽めに穴をあけたら
種を2~3粒ほど蒔いて土を厚めに被せましょう。

蒔いた後はたっぷりと水を与えます。

苗を育てている間は土が乾かない様に水を与え、
本葉が2~3枚育ったら植え付けます

 

苗を植え付けた後は根の定着を目的に
根元に水をあげる様にします。

植え付け1週間ほど経ったら根を育てるため、
2週間ほど水を極力与えず育てます

あまり苗がしおれる様であれば水を与えても構いませんが、
3日に1回くらいで与える感じで育てましょう。

収穫間近は逆に水分が必要なので水切れしない様に!
特に朝与える様にし葉にも水がかかる様に水やりしましょう。

 

合わせて必要な肥料ですが、
野菜栽培用肥料が調整されていて便利!

植え付けて2週間程してから適度な量の肥料を
2週間に1度、肥料を与えて行きます。

摘心やわき芽の摘み方!気をつける病気は?

しっかりと実に栄養を行渡らすには、
無駄に生えた芽や成長をある程度止める必要があります。

そのため摘心わき芽を摘む必要があります。

およそですが身長160cm程度の方の目線あたり!
その部分の摘心を行うのがポイントの様です。

親つるの摘心を行う事で子つるの成長を促します。

合わせて親づるの6節目あたりまでに出ている
わき芽は全て摘む様にしましょう。

 

きゅうりがかかりやすい病気といえば
葉に粉がかかった様に見えるうどんこ病

苗を密接しすぎたりして風通し悪い状態になってたり、
チッ素の多い肥料を与えた事で起こる様です

まずは白い粉がかった葉を取り除き、
それでも改善しない場合に肥料をチェックしてください。

Sponsored Links