向春の候の意味!春の挨拶は使う時期で使い分けをするのが大事!?

                         fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s

手紙の書き出しに用いる時候の挨拶。

四季やちょっとした季節を感じる言葉を
手紙に添える言葉です。

2月にも多くの言葉がありますが、
今回は「向春の候

どんな季節を表し、
いつまで使う言葉なのかご紹介します。

Sponsored Links



時候の挨拶と拝啓の意味は違うの?

時候の挨拶とは、季節感を表す言葉をいいます。

書き始めを「頭語」といい、

”拝啓”などという言葉に続き、
「時候の挨拶+相手の安否を伺う文」と続きます。

”拝啓”の意味は、訓読みにすると「おがみもうす」と読み、
お辞儀をして申し上げるという意味です。

 

手紙の上でも相手へ敬意を表する意味でも
親しい方へのお手紙に添えるとよいでしょう。

また、”拝啓”で始まった手紙の最後には
”敬具”を付けますが、意味は「うやうやしくととのえる」と読み、

「それではまた」といった別れ際に告げますが、
その意味をこの言葉で表しています。

Sponsored Links



向春の候の意味は?使う時期はいつからいつまで?

「向春の候」は(こうしゅんのこう)と読み、
時期は2月4日の立春以降の2月中に使う言葉です。

この”立春(りっしゅん)”も二十四節気の
雨水(うすい)の前日の2月18日まで、
時候の挨拶で使われる言葉です。

 

「向春」とは、暦の上では春を迎え
少しずつ春らしさに向かっている・・・

そんな意味を持っています。

実際の体感としては、まだ春らしさは全く感じず
冬の寒さが残っている様な時期ですね。

 

他にもこの時期には
”余寒(よかん)”といった言葉もあります。

「向春」は、その漢字を見ていてもお解りいただけると思いますが、
とても前向きな言葉ですので、お手紙に添えてみてください。

 

向春の候や仲春の候など春のあいさつの使い分けは?

2月4日(立春)~5月4日(立夏)を迎える
前日までを暦の上では春としています。

2月初旬から5月初旬までの春のあいさつは、
その時々でも変わって行きます。

季節の挨拶は時候以外にも天体や行事、

実際の気候など広く季節を感じるものに対して
季節の挨拶に盛り込む事ができます。

 

例えば・・・

2月下旬などでは先ほど触れた
“雨水” “早春” “余寒”

3月ならば“啓蟄(けいちつ)” “春分” “浅春”
“弥生” “桃の節句”“上巳の節句” “彼岸”
“桃花” “旅立ちの春” “春雷” “水温む”

啓蟄の意味と語源!お雛様との意外な関係

4月なら“清明(せいめい)” “穀雨(こくう)” “卯月”
“菜種梅雨” “陽春” “花冷え” “花の便り” “春眠” “春風”

花冷えとはどんな意味?その使い方は?

5月上旬まででしたら
五月(さつき)” “五月晴れ” “端午の節句

といった春の挨拶があります。

 

こうした季節を表す言葉を手紙の書き出しに
用いるのが時候の挨拶といいます。

 

Sponsored Links