付け合わせにピッタリな人参の浅漬け・味噌漬けを作るポイント!

                         9600b16d6b657e0a9768d37452a41111_s

人参は風邪の予防や髪や皮膚を健やかに保つ
ビタミンA(ベータカロテン)が豊富!

人参をコンスタントに食べるには、
お漬物にするのがおすすめ!

また、料理の付け合わせとしても
色が鮮やかなので華やかになります。

今回は人参を使ったお漬物をご紹介します!

Sponsored Links



人参は大根やきゅうりと組み合わせた簡単浅漬けがいい!

野菜を使った簡単なお漬物といえば「浅漬け」

時間もそれほど時間がかからず、
簡単で作り置きも出来て特別多く調味料を
必要とせず家庭にあるもので作れます。

そこで相性のよい大根ときゅうり!

白・緑・オレンジの見た目や味、
食感の相性もバッチリです。

 

人参は厚みがあると硬く食べずらいです。

薄くスライスしてから細かく千切りし、や軽くを入れと
馴染んで、しんなりとするので食べやすくなります。

もちろん薄くいちょう切りなどでスライスするか、
スライサーでサクサクと行うのも便利で
より薄くなるので漬かりも早いです。

 

基本、塩を振って馴染ませるだけで出来ますが、

塩麹などをまぶして漬けたり、ゆずなどがあれば
少々入れると香りや味もぐんと引き立ちます

人参はどれくらい日持ちする?消費期限は?

 

人参の味噌漬けを作る時のポイントは?

お家で味噌漬けを作るという方も少なくないですね!
手軽に出来る漬物の1つです。

人参も味噌漬けにすると
とてもおいしいお漬物となります。

 

ただ、やはり厚みがあると
中までしっかり味が馴染まないという事があります

人参のサイズによっては半分に切ったり、
4/1に割ってから味噌に漬けた方がいいと思います。

お味噌200gにみりんを15cc、合わせたら
人参や大根などに塗りながらジップ付きの袋に入れて行きます。

残った味噌も全て入れて
全体によくまぶしつけ軽く揉んだら冷蔵庫へ。

 

半日程度で味噌の塩分で水分が出て来るので
1日も置けばしっかりと漬かっていると思います。

サイズや厚み季節によっても違いがあるので、
まずは1日置いて洗い流して好みにカットして食べてください。

日持ちはおよそ2~3日ですが、
食べきれる量か1~2日程度量が望ましいと思います。

Sponsored Links



付け合わせにもおすすめな人参の漬物!簡単レシピ

本来はサラダとして紹介されていますが、

常備菜でありピクルスとしての
活用もされている「キャロットラペ」

お肉の付け合わせや、パンに挟んだり
そのまま食べても美味しい1品になります。

美味しいキャロットラペのレシピご紹介します!

 

材料(2人分)

人参 2本
塩 小さじ1
砂糖 小さじ1~2
塩コショウ 少々
酢 大さじ2(バルサミコ酢でも可)
レモン汁 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2

人参の表面を軽く包丁の背で削いで、
食べやすい千切りにした後、塩をふり合わせます。

少し置くと水分が出るので、水分は軽く切って

人参・塩以外の調味料を合わせて
密閉容器に入れて味を馴染ませたら完成です。

 

Sponsored Links